« 七夕飾り | トップページ | いごこちのいいところ »

梅仕事はじまる

毎年恒例の梅酒と梅干し作り。
梅雨になると、早くやりたくてうずうずしてきます。

梅酒は2週間くらい早くから作るつもりでしたが
今年は寒かったのと、
産地を奈良県から群馬県のものに変えたせいか
ようやく今週作業をすることになりました。
その初めて出会う群馬県産の梅がとにかく立派!
日照率の高さから、
太陽光発電でエネルギーをまかなっているという
「ゆあさ農園」のものなのですが、
ぷっくりまん丸くて、風格があります。
Yuasa


そして、青梅独特のさわやかな香りと、
ビロードのような表面は
焼酎に漬けることなく、いつまでも飾っておきたい。

なんて思いながら、きれいに洗って漬け込みました。
漬けあがったら実もありがたくいただきましょう。


そして梅干用梅。
こちらは毎年お世話になっている、
奈良県の王隠堂農園のもの。
こちらも立派です。
いつもより大きくて、傷もなくとっても美しい。
「有機」なのに、これだけ美しく仕上げるなんて…
虫や病気の蔓延を防ぐために
地道な除草作業や、見回りをするなどなど
た~くさんの苦労があったことでしょう。
ありがたやありがたや。
Big


いつも以上に、心して漬け込みたくなりました。

梅干用梅は、梅酒用の梅に比べて香りが甘くて、
いつも「かじりたいな~」という衝動にかられるほど。
梅仕事がやりたくなる動機の何割かは、
この香りをかぎたいという思いですね。

できあがりの梅酒にも、梅干しにもないこの香り。
この香りを楽しむのもまた一年、お預けです。

|

« 七夕飾り | トップページ | いごこちのいいところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅仕事はじまる:

« 七夕飾り | トップページ | いごこちのいいところ »