« つくばの桜 | トップページ | 根三つ葉の海苔和え »

よもぎ団子

夫が往診先のお宅からよもぎ団子をいただいてきました。

Photo

近くの和菓子屋さんに並ぶお菓子も、
桜餅からよもぎ団子へと変わってきていますね。

新緑の季節が来たことを感じます。

よもぎは日本のどこでも生えていて古くから親しまれてきた植物。
私の生まれた新潟の誇る名菓・笹団子も
よもぎがなくては始まりません。

特に春に出たばかりの新芽はやわらかくて風味が良いそうで、
親戚の笹団子作りがとっても上手なおばあちゃんも
1年分のお団子のためのよもぎを
春のうちに摘んで冷凍しておくと話していました。

そんなよもぎ、中医学的には
「苦味」と「温」という特徴があります。

「苦味」というのはその通り。
ほろ苦いのでわかりやすいです。

「温」というのは、体をあたためてくれる作用があるということ。
トウガラシのように急激に「Hot」になるわけではないですが
じんわり体をあたためてくれるんですね。

特に冷えの影響で血のめぐりが悪くなっているような女性は
よもぎでじんわりあたためていくことで血のめぐりがよくなって
毎月のものが楽になる場合があるのだとか。

女性陣の皆さん、
おやつが食べたいなぁという時は、
「体のためよ♪」と言い訳して、
よもぎ団子を選んでみてはいかがでしょう。
今回の写真のような、きなこをまぶしたタイプなら、
大豆の栄養も補給できていいかも。

そうそう、お灸の原料もよもぎです。
火をつけて温めるだけでなく、
よもぎの成分が皮膚の上からも浸透させて
より大きな効果をねらっているのでしょうね。

なんて偉そうに言う私も、
体調に関してはいろいろと気になることが・・・。
長年の冷えが体に蓄積しているのだろうなぁと思っているところです。

体の中からも、外からもよもぎであたためるべく、
まずは、おばあちゃんを見習って
春のうちに1年分のよもぎを採りますかね。

|

« つくばの桜 | トップページ | 根三つ葉の海苔和え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よもぎ団子:

« つくばの桜 | トップページ | 根三つ葉の海苔和え »