« お母さんもひとやすみ | トップページ | いちご狩り »

小豆といかなご

昨日は満月だったので小豆デー
今回は小豆を玄米に混ぜ、圧力鍋で炊きました。

Photo_2

奥にあるのが、「いかなごのくぎ煮」。
関西方面の方には、なじみのある料理らしいのですが
私が初めて出会ったのは学生時代。
兵庫県出身の友人からいただいて、その味に感動!
ファンになりました。

一般的な小魚の佃煮よりもふっくらとして魚のうまみが強く、
生姜の香りも高く仕上がっているのが特徴で
これだけでごはんが何杯でも食べられるのです。

友人いわく
「この時期になると、どの家庭で一番大きな鍋で大量に煮るから
あちらこちらでいかなごを煮る、あま~い香りがしてくるんよ。
そんで、各地に住む親せきや知人に送るんよ~。
私も毎年送られてくるのが、めっちゃ楽しみなんや」

いかなごのくぎ煮をいただくたびに、この話を思い出し
甘い香りが立ち込める、彼女の地元を訪ねてみたい・・・と思っています。

今回のくぎ煮は、その友人のお母さまが作られたもの。
味の加減もふっくら加減も、絶妙で
私にとっての基本の味。

これまで、数件の方のいかなごのくぎ煮をいただいて、
どれもおいしかったけれど
やっぱりこれが一番好きです。

ごちそうさまでした。

|

« お母さんもひとやすみ | トップページ | いちご狩り »

コメント

うーん、充実した食生活!
ダンナが羨ましい!!

それにしても美味しそうですね~

今度、ヨロピク♪

投稿: F.Ikegawa | 2009/04/12 16:05

おほめの言葉、ありがとうございます。
ただこの日の食事は夫は食べていません。
私がひとり占め♪なのでした。

でも、食事は大勢で食べたほうがおいしいもの。
ぜひぜひ食べに来てくださいませ。

投稿: よっこ | 2009/04/14 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小豆といかなご:

« お母さんもひとやすみ | トップページ | いちご狩り »