« 木戸さんのいちご | トップページ | 臘八粥 »

納豆づくり

昨年から、我が家では時々納豆を作っています。

仕込みはこんな感じ。
Photo_7
材料は大豆と稲わらだけ。
暖かく保温しておくことで
稲わらについていた納豆菌が働いてくれ
大豆が徐々に変化してこ~んな感じに。
Photo_6


これまで何度か作ってきましたが
暖かい時期に作ったらうまくいきませんでした。
保温するくらいだから、いいだろうと思ったのですが…。
祖母も昔は作っていたそうですが、
やはり仕込むのは冬だけだったそうです。

寒い時期のほうが、空気中の雑菌が少なくて
うまく発酵するのかもしれませんね。

普通の大豆を使っているので
市販の納豆よりも粒が大きく、
その分、豆自体の味わいをしっかり楽しめます。
だからでしょうか、
醤油よりも塩のほうがおいしい気がします。

豆のゆで加減や保温の方法を
いろいろと変えて作っているので
時々発酵がすすまず、ゆで大豆と納豆の中間みたいな
仕上がりになることもありますが
それもまたお楽しみ。
腐敗までいかないよう、それだけ気をつければ楽しいものです。
(においが微妙なので判断が難しいですが)

※稲わらの代わりに、市販の納豆をゆでたゆで汁を
ゆでた大豆にかけるという方法もあるそうです。
みなさんも試してみてはいかがでしょうか?


●作り方
①下からボウル→ザル→稲わらと重ねたところに
やわらかくゆでたアツアツの大豆をゆで汁ごとあけて
ゆで汁をきる。
②①でしめらせた稲わらの半分をボウルなどの容器に移し
①の大豆をのせて残りの稲わらをかぶせ、
紙袋などでくるむ。
③毛布などでくるんで保温して約48時間でできあがり。
できたてはにおいがきついので、
24時間後くらいから食べるのがおすすめ。

※電気毛布を使うとちょうどよい温度になるそうですが
我が家は熱湯を入れたヤカンを、普通の毛布で一緒にくるみ
12時間ごとに中のお湯を取り替えています。
発砲箱などを使ってもいいのかもしれません。
私の祖母は、もみ殻の中に埋めていたそうです。
※保温不足、乾燥、多湿などによって
発酵の進み方が左右されます。
何度か作ってみてちょうどよいバランスを見つけてください。

|

« 木戸さんのいちご | トップページ | 臘八粥 »

コメント

わらだけで作るなんて
すごいですね~~
昨年は不作だったので
我が家では、味噌のみ。
豊作だったら、いずれトライしてみたいです。

投稿: fuku | 2010/01/17 12:09

1回につき、乾燥状態の大豆で1カップ作っていますが、1家族分くらいは十分できますよ。
味噌の分、ちょっと取り分けてチャレンジしてみてはいかがですか?

投稿: よっこ | 2010/01/19 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 納豆づくり:

« 木戸さんのいちご | トップページ | 臘八粥 »