« 秋の味覚2013バージョン | トップページ | 鹿肉をいただく »

神田小菊

9月のまめいちで購入した「神田小菊」というかぼちゃを調理しました。
かぼちゃの味を堪能したかったので、
今回は昆布だしで、醤油のみ加えて薄味で煮ました。
Simg_1796
↑煮る前。ゴツゴツしていて、上から見ると菊のご紋。
紫がかった皮の色が上品です。
煮てみたら↓
1simg_1922

水分が多くしっとりとした食感で、甘みも抑え目。

ホクホク系、ねっとり系の食感で、とにかく甘いかぼちゃが近年は人気のようですが、
煮物にするなら、私は断然こちら派です。

ホクホク系のかぼちゃも嫌いではありません。
じゃがいものようにサラダにしたり、グラタンや天ぷらなどに
ほっくりとした甘いかぼちゃ、おいしいですよね。

でも、煮物にはしっとり系がお似合いだと思うのです。
それも、甘みの少ない煮汁をたっぷり含ませたもの。
かぼちゃの煮物は甘くておかずにならん!という方が
特に男性に多いと噂に聞きますが、
もしかしたら、甘みの少ない品種を、砂糖なしで煮たら
気に入ってもらえるのかもしれません。

日本に以前からあった品種にしっとり系が多かったのは
昔は揚げたりサラダにしたりする事がなく、
もっぱら煮て食べていた事も影響するのかなぁ・・・
今は、甘いのが多いのは食文化が変わったからから
なんじゃないかな・・・などと
かぼちゃの品種の話が出るたびに妄想しています。
どうなんでしょうね。

今回の心残りは、だしが薄っぺらかったこと。
次回は、かつお節または干し椎茸を加えた、濃厚なお出汁を使い
たっぷりの煮汁を含ませるように煮てみたいです。

|

« 秋の味覚2013バージョン | トップページ | 鹿肉をいただく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32500/58215227

この記事へのトラックバック一覧です: 神田小菊:

« 秋の味覚2013バージョン | トップページ | 鹿肉をいただく »