夏から秋へ

夏野菜たちの「成り」のペースががくんと落ちて
樹自体も弱ってきたので、
そろそろ畑を模様替えしようと手を入れ始めました。

まずはほとんど成らなくなったトマトを抜いて、
大根用に耕してみました。

大根は深く掘るほど良い、障害物があると二股になる
と聞くので、鍬でせっせと掘るのですが、
20cmくらい掘ったところに、ぼろぼろっとした塊の層があり
場所によっては硬い粘土の層も出てきて。。。
Sca3k0132

できるだけ塊を崩して耕そうとはするものの
途中で疲れて飽きてきて、あきらめてしまいました。
ほんの小さな区画なのに情けないものです。
鍬だけで耕していた先人の苦労はいかばかりか。

今年の大根が二股だったり曲がっていたりしても仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長芋掘りました

庭の長芋のつるが枯れてきたので掘り起こしてみました。
Imo

収量は2kg強かな?
どれも細いしあまり立派とはいえませんが、
追肥もせず(ごめんよ~)、もともとの種芋も、
庭のあちこちで雑草化していた芋を
ちょっと遅めの時期に移植したものだから、
まぁこんなものかと。

ほとんど手をかけずに育てた(いや、育ってくれたというべきか)のですが
唯一手をかけたことといえば、
種芋を植え付ける際に、肥料袋を下に敷いたこと。
これによって芋が真下に伸びずに、肥料袋に沿って斜め下に伸びてくれ
掘り返すのもとっても楽で、折れもほとんど無し。

今年の芋の一部を種芋として、来年はもっと太く立派に育てたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの米作り

ここ数年、実家のコシヒカリ苗を持ち帰り
バケツや発泡スチロールの箱などを
小さな田んぼに見立てて育てています。

今年も。
Photo

前年の秋、実った稲を刈り取った後は
土を取り出したり耕したりすることなく、そのままにしておき
そこへ植えつけています。

苗を植えようとすると、前年の根っこが残っていて
ちょっと抵抗感がありますが、
力を入れて差し込めば問題なし。

近所の方に苗をお分けしてきましたが、
まだまだ残っています。
でも、あと数日のうちに植えつけないと、
苗が傷んでしまうだろうな。

バケツ1コのスペースと、日照さえあれば
ベランダや玄関先でも育つのですけど。。。
誰か欲しい人はいないかしら。
こんな感じですよ。↓
http://www.kome-miyagi.jp/blog/cat4/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の気配

ここ数日、朝晩の空気がまるで秋のよう。
我が家の庭で育てている稲も穂が重くなってきた。
Photo_2

昨年よりも土の量が多いのが良かったのか
分けつの数も穂の密度もしっかりし。
収穫が楽しみ。

朝晩の気温が下がると、しっかり眠れてうれしいけど
うっかりすると体を冷やして体調をくずしがち。
また、夜中は暑くて上にかけているのをはねのけるのに
朝方涼しくなって体が冷える…なんてことが、起きやすいもの。

私は朝方に体が冷えると、寝起きがだる~くなるので
ここのところ、眠る時は靴下(ゴムのきつくないもの)をはいたり
(ちょっと恥ずかしいけど)夏用の薄手の腹巻をしている。
かなりいい感じ。

これで季節の変わり目ものりきれるはず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

彼岸も過ぎて

うちの庭がにぎやかになってきました。
Photo Photo_2 Photo_3

黄色の大きなパンジーは、種から育てたのですが
芽がでたばかりのころ、雑草だと思ってだいぶ抜いてしまったのでした。。。
いま咲いているのは、そんな困難に打ち勝ったもの。
私にとっては、美しさもひとしおです。

スイセンは、以前の住人が残してくださったもの。
いろんな品種が植えてあるらしく、
この後、八重咲タイプが咲く準備をしています。

Photo_4
玄関脇にある雪柳。
やわらかな葉っぱの緑と、白い花のコントラストがすがすがしいです。

治療付きの花見コースもご用意しております(笑)。
どなたかいらっしゃいませんかねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さぶ~

日に日に寒さが増しています。

今朝、ぶるぶるっと震えながら外に出たら、
家の前の畑が白く光ってました。
霜が降りたんですね。

Dscf4649

Dscf4654

今年初めて出会った霜柱。
寒いわけです。

お客様を出迎えてくれてきた玄関のナスタチウムも
そろそろおうちに入れてあげようかしら。

Dscf4656


| | コメント (0) | トラックバック (0)

にぎやかなのはいいけれど。

週末からしばらく家を離れていました。
久しぶりのお庭はどうなっているかしら?
と帰宅早々のぞいてみたら、みんな結構元気でほっ。

大豆は相変わらずひょろっとして弱々しいけれど
ちゃ~んと実を結んでいました。
Dscf3468

稲も同様にひょろっとしているけれど
花が終わってずっしりと実が入って、頭を垂れはじめていました。
Dscf3455

どちらも日当たりがいまいちだから、ひょろっとしているようで。
来年は場所を変えてチャレンジしてみましょう。

と、実を結んだ大豆と稲に気分よくしていたら、
パセリにアゲハチョウの幼虫を発見。
成虫になるとこうなります。
よく見かけますね。
http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/ageha05.htm

一匹くらいなら、まぁ「共生」ってことで見逃してやるか。
我が家のお庭も、生態系が豊かになってやるじゃない♪

と、余裕でいたら、、、

☆☆☆☆ 注意!! ☆☆☆☆

ここからは虫が苦手な方は見ないほうがいいかも

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

幼虫たちに占拠されていました。
数えてみたら全部で7匹。
Dscf3459_3 →→取り出してみた→→→ Dscf3460_4

にぎやかなのはいいけれど
さすがにこのままでは、パセリが裸になってしまうので取り除くことに。

ただ庭の別の場所においても、
この分なら移動してまたパセリにたどり着きそうなので、
近くの公園にこっそり放すことにしました。

彼ら(彼女ら?)の好みに合いそうな植物はなかったけど
すでに蛹になれそうなくらい大きいのもいたので
これまでのようにお腹いっぱい食べられなくてもなんとかなるでしょう!
蝶になって公園で出会うのを待っているよ。

せいぜい2匹程度なら、本気でそのまま飼育したんだけどなぁ。
模様が美しい!
Dscf3462_3


なお、この子は私がシャッターを切る瞬間にも
パセリを食べ続けていました。
体長が7~8㎝くらいなのに、一丁前に「むしゃむしゃ」って音も立てて。。。
やっぱりちょっと憎いかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稲に花が咲きました

5月の連休に、実家から持ち帰ったもち米の苗。
バケツと、カメに入れて育てています。

ずいぶん大きくなったなぁと思っていたら花が咲いてました。
Dscf3275
立派立派!

隣には、これから姿を現そうとしている花も。
葉っぱに包まれて、蝶のさなぎを連想しました。

Dscf3276

ボウフラ対策として、バケツとカメに入れているめだかくんも
猛暑に負けず、元気。
水は、温泉並みの温度だろうに。
えらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘夏

甘夏も芽を出しました!
Photo_4


一足先に芽を出していたニューサマーオレンジは現在こんな感じ。
7
おおきくなぁれ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナスがとれた

植えた当初は、一向に苗が大きくならず
花も咲かずに終わってしまうのでは?
と不安だったナスが、大きな実を結んでくれました。
Dscf3194_2


とはいえ、まだナスの木自体は小さいので
あとどれくらい実をつけてくれるのか。
せっせと追肥をして、なんとか頑張ってもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧