夏休みの読書感想文

夏休みの移動中、ずっと本を読んでいました。
どれも面白かったので、感想を自分のためにまとめておこうと。
なんて考えてすでに1ヶ月近くたってしまいました。
なお、amazonにリンクをはってあるけれど、1冊は地元の本屋さんで購入。
残りはすべて図書館で借りた本です。
図書館ありがとう。


看取りの医者/平野国美  (小学館文庫)
死が遠くなった現代といわれるけれど、自分も実際そうだ。
どんな最後を迎えるか、自分より先に親や近しい人たちが先になるが、
その備えとしてもいろんな形があり、いろんな問題があり、いろんな想定外がある。
そこを支えるのにはセオリーはない。
生活の中に看取りがあるのは大変。
それでも死が避けられないものである以上、空腹と同じくらい、普通なのであって、
もっと身近なものとして、日々考えるべきなのかもしれない。
そして堂々と頼り、頼られる関係を持てる事こそ、
お金よりも安心につながるのだろうと感じさせられた。

風の又三郎/宮沢賢治 (新潮社)
短編集。過去にも読んだが、そのたびに世の中で特別視されるほどの印象を受けず、
自分には力がなくて、深く読み込むことができないのだな、と思っていた。
けど今回は手ごたえがあった。
賢治が好きな鉱物を使った表現や、音の表現がリアルで面白い。
大地と繋がっている感覚を持つ賢治の感覚がにじみ出ているのだろう。
実物の風の音や動物たちの鳴き声をもっと身近に感じていた時代の人ならではだと思えた。
快適さを求めて、断熱・遮音されている現代の住まいにいたら、
ここまで受け止めて表現するのは難しいのではないかなぁと。
と同時に、この表現をリアルだと感じられる感性も、次第に失われていくのかもしれない。
自分もどこまでリアルに感じられたかというと、怪しい。

みんなで決めた「安心」のかたち――ポスト3.11の「地産地消」をさがした柏の一年
/五十嵐泰正 +「 安全・安心の柏産柏消」円卓会議(亜紀書房)
誰のための?何のための答えなのか?
話合いの本質を見失わないようにするのは、
職場や身近な人々の間でも難しいのに、
ここでは様々な背景の人々が集まって進んできた軌跡がまとめられています。
だれも持っていない答えに対し、ひとりひとりが考え、
他の意見や情報にきちんと耳を傾ける姿勢に感動した。
すごい。
こんな話し合いをしたいし、できるんだ!と前向きな気持ちになった。

食の安全と環境−「気分のエコ」にはだまされない (シリーズ 地球と人間の環境を考える11)
/松永和紀(日本評論社)
環境に良いとはなんだろう。
書かれていること全てに納得できたわけではないけれど、
本末転倒な部分ってあるよなぁと考えさせられるポイントがいろいろ。
エコグッズを頻繁にネットで購入し、ガソリンを使って宅配してもらうのはどうなの?
とか、自分の家庭菜園も、遠くから運んできた資材を使うより、
できるだけ庭の中の循環でやりくりしていきたいなぁとか。
自分でちゃんと考えましょーと再認識。

猫鳴り/沼田まほかる  (双葉文庫)
友人に進められて読んでみた。特に野性味のある猫好きにはたまらない。
繊細な人たちが登場し、いろいろと気遣う心の動きが描かれ、
その心くばりにはっとさせられる。
相手を思って飲み込んでおこうとか、あえて表さなくてもいいかな、
と、心に浮かぶけど日々飲み込んでしまうはかない気持ちがちりばめれれていて、
しとしと降る霧雨のような感じがする読後感。

2045年問題 コンピュータが人類を超える日
/松田卓也 (廣済堂新書)
コンピューターの処理能力が上がって、世の中ががらりと変わるという話。
なるほど。過去30年を振り返っても、
こんなコンピューター頼りの世の中になるなんて想像できなかったから、
この本の書いてある通りなのかもしれない。
でも、人間はその進化ばかりを求めるだけではないような気がする。
描かれている未来の世の中に対し、「そこまでしてどうする?」と思う人も多いのでは?
果たしてそうなるのか?
多少はその通りになるとしても、そんな世の中になった時に備えて、
何したらいいのかイメージわかないなぁと、ぼんやりしている自分に気付く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと針ひと針

期日に間に合わせたくて、朝、早く起きて針仕事。
集中したくて音楽もかけずにいると、鳥の声がとっても賑やかなのに気づく。
鳥は何をしゃべっているのかなぁ、なんて思いながらひと針ひと針、縫い進めていると
いろんな思いがよぎってきた。
これを使ってくれる人が健やかでありますように、とかいい事あるようにとか。
見たら、縫い目の粗さに笑われるかな?なんて事も思ったけど
喜んでもらいたい、との気持ちが断然大きい。
ミシンでは、ここまで思わない。手で針を進めるって、気持ちがこもるのかなぁ・・・。

こんな、おセンチな気分になったのは、先日、たずねて衝撃をうけた
このミュージアムの常設展「BORO」の影響かもしれない。
http://www.amusemuseum.com/boro/index.html

昔の人は、自分で衣類を仕立て、合間を見つけては繕い、
もっともっと衣類にかける時間があった。
それは同時に家族を思う時間への長さに比例していたのかも。
いや、現代人だって家族を思う気持ちは小さくないはずだけど、
行動が心に繋がる感覚というか・・・

いろいろ考えた朝のひと時でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪をひいて考えた

不覚にも風邪をひきました。
いつもは風邪かな?と思った段階で、
●入浴・こんにゃく湿布で身体をあたためる。
●食事を軽めにする。
●早く休む

と対応することで回復するのですが、今回は効果なし。

過ぎた飲酒(ビール)&外の寒さという、身体の中と外からの冷えで
回復する力が弱まっていたのかも。。。

で、鍼治療をお願いしました。
今回は刺さない鍼で、刺激は少なかったのですが、
スカッと抜ける感触を得た後から、
じわじわ~っと身体が治る方向に向いてきて、かなり回復。
ベクトルがくるっと180度変わったような、
まるで目に見えるような身体の変化でした。
我ながら驚き。

風邪を治すのは、自分の身体の「治る力」であり、
鍼灸はその後押しをするものなんだな~と、改めて感じました。

鍼灸でなくても、身体のベクトルを変える方法はあるでしょう。
個々人にあった対処法が見つかるといいですね。

風邪薬で症状を緩和させても、何だか長引くという話を聞きますから
その対処法が見つかれば、薬よりも早く治るのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供に教わる

「気にしすぎだな」と自分でも思うのだけど
やっぱり頭から離れない原発のゆくえ。

起きてしまった事故の事もそうだけど
稼動するだけでどんどんたまってしまう「放射性廃棄物」も気がかり。
このままでは、貯蔵施設があと10年もしないうちにいっぱいになるとか。

え~!するとまた改めて施設を作るの?
お金かかるねぇ。また電気料金に反映されるの?
施設の建設&維持にエネルギーが必要だし。
そもそも、受け入れる場所ってあるの?
もーどうすんの!!!

なんて、モンモンと考えていたら
小学2年生のお子さんを持つ方から、こんなメールが来ました。
↓↓↓
原発、早く終息してほしいですね。
原発はこりごりです。
しかし、金好きのじじいたちのせいで、改善されませんね。

今朝、それでも、子どもの世代には原発が
なくなるだろうと思いました。
ニュースを見ていた我が子が、「原発がなくなれば、
電気料金1000円値上がりだって!やっすい。
俺、お小遣いあるから、払うよ。
地震のときみたいに、また外で遊べなくなるの嫌だし」と
言っていました。
この原発騒ぎ、一番被害を被っているのは子どもたち。
彼らに深く原発の拒否感が植えられたと感じました。

-----
「3つ子の魂百まで」の言葉の通り
小さな頃に得た印象や考え方は
大人になっても大きな影響を持つもの。
これから十数年後、成人となる子供たちは
今の大人たちとは違った声をあげるのかもしれません。

「外で遊べなくなるのは嫌」
人間にとって本当に大切なことって、
こんな当たり前のことですよね。
2年生だって、自分の見える範囲で
立派に物事を受け止めているんだぁと感動し、元気をもらいました。

そんな子供が「あの時大人は何やってたんだ!」と言われないように
モンモンとばかりはしていられな~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霞ヶ浦の浄化って・・・

私が学生だったころ、
だからもう10年以上前になりますが
霞ヶ浦の再生にアサザを植えよう!
という動きがあることを聞きました。


そして今、その活動が大きく花開き
こんなプロジェクトが進行し、
地元茨城の新聞などではよく目にすることがあります。

1 
ハスのように水に浮き、黄色くかわいらしい花をつけるアサザ。
(画像:アサザプロジェクトHPより)


ふ~ん、すごいなぁと思っていたら
こんな学者さんのブログからちょっと疑問が…
Limnology 水から環境を考える

確かに。
ひとつの植物ですべてが解決するってことは
どこかいびつな気がします。

いや、それで解決すれば楽なのでしょうけど、
すべての生き物が循環の輪の中にいる限り
それって、どこかに負担を押し付けていることになるのでは?

一度は消滅しかかったアサザが再生することは喜ばしいことでしょうけど
「そんなにすべてを押し付けられても・・・」とアサザだって思っているのかも。

なんて考えるきっかけになったのは、
9月1日にりっつんの夜学
先述のブログを執筆されている方の話が聞けることを知ったから。
●りっつん夜学
【第40回目】
「水」から考える環境と暮らし ~水の行方に思考を走らせる~
(ジオネットワークつくば*後援)

アサザの話が出るかどうかはわかりませんが、
身近な水だけに楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくばの桜はいつ咲くか?

暑さ寒さも彼岸までとか、三寒四温とか
言い伝えられる言葉はいろいろあるけれど
今年はそんな言葉を無視するかのように
彼岸の後に雪が降ったり、
「四温」に対して、「三寒」以上の
真冬並みの寒い日が続いたり…

もう明日から4月なのに!

とはいえ、ほんの少しずつですが
つくばの桜もほころび始めています。
これから数日暖かな日がつづけば
週末には3分咲きくらいになるかと。

で、週末はつくいち
毎度のことながら宣伝です。
会場にある桜を眺めながら、のんびり休日はいかがでしょう?
昨年はこんな感じでした。
http://withgreen.air-nifty.com/good/2009/04/post-0f07.html

このほか、つくばの桜スポットと言えば…
常陽リビングという情報誌にこんな案内がありました。
http://www.joyoliving.co.jp/special/sakura/tsukuba.html
どこも、満開になるのは来週になりそうですが、
「これから咲くぞ!」と色づき始めた「つぼみ」も
勢いがあっていいものです。(私だけ?)

人混みは嫌いな方は、今週末にぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の花暦

気付けばもう春のお彼岸。
日の出の時刻もだいぶ早まって
6時には明るくなってうれしいこの頃。

今シーズンから仲間入りした
お庭のクリスマスローズも咲いてくれました。
Photo

水仙やチューリップよりちょっと早めに咲くのがいいですね。
近所では黄色くて小さな花が咲く「ミモザ」が見頃です。

続きを読む "春の花暦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お日さまの香りといえば

柔軟剤で、「おひさまの香り」がつく商品がありますよね。
あの広告を見た瞬間、ここまできたか、と思いました。

「忙しい」「花粉がつく」などなど
外干しできない理由はいろいろあるのでしょうけど
おひさまの香りまで「もどき」に頼らなければならない
そんな生活環境ってどうなんでしょう。

急いでいるようで遠回りしているような。

ヒートアイランドで涼しい風が通らなくなったから
クーラーでしのぐ。
果物を生で食べるのが面倒だからジュース、でも
香りがたりないから、香料を加える。

みたいな。
どうなんでしょう。

ちなみに、私は
おひさまにガンガンあたって、
ごわごわに干しあがったバスタオルって好きです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

つぶやきたい気分

友人が農業を始めることになりました。
なんだか楽しそうです。

他にも、私の周りには農にたずさわる方達がいっぱいで
どなたも意欲的で輝いています。

でも世の中では食糧や農業に関して
先行きの不安材料がたくさん。

そんなギャップが最近、妙に気になります。
そして、
「じゃぁ、自分はどこにどうやって立つ?」
なんてことをつらつらと考えてしまいます。

つくば生活に慣れて余裕が出てきた証拠かな?
日々濃くなっていく田畑の緑が
心の片隅にあった雑念を呼び覚ましたのかもしれません。

さてと。動きますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブツブツ…物欲

畑が欲しいと思いたったけれど
それより前から欲しいものがあります。

一眼レフデジタルカメラ。

ボディも、レンズのことも詳しくは知らないし、安くないし…
と思って二の足を踏んでいたのだけれど
オリンパスは、ホコリを入りにくくする独自技術があると、友人から聞き
「ずぼらな私にはぴったり!」と一気に身近に感じられて、欲しくなってきました。

今のカメラも、ハンディで気軽に扱えるので
畑で撮るにはいいのだけれど
緑の美しさに、あと一歩!という感があるんですよね。


少々型が古くてもいいので、
ネットや中古カメラ屋さんで探したのだけれど、
「安くない」という事実は変わらず。
どこまで妥協すべきかしら・・・ブツブツ。


Dscf3311 Dscf3414 Dscf3421

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧