まめいち130908

今日はまめいち。
雨であいにくのお天気でしたが、やっぱりおしゃべりの楽しい時間でした。
Simg_1822

私にとっては何だか珍しく感じられる、男性の犬談義。素敵。
Simg_1810

突如はじまった、ドリップ教室。
生徒さんは、かなりの若手。この後お兄ちゃんも体験。
Simg_1824

manospunさんのかぼちゃプリン。
生クリームなし。でも濃厚なのはかぼちゃ使いがお上手だからでしょう。
Simg_1826

季節屋さんのジャムには栗が登場。
早生はあっさりした味だということですが、風味はばっちりでした。
Simg_1805

お弁当は、どまんなか野菜さんの「宿儺かぼちゃ」を使ったかぼちゃキーマカレー。
Simg_1832 ユニークな形はオブジェとしても。

Simg_1821
見た目はイマイチ。。。ですが、かぼちゃがホクッとして甘く、いい感じに仕上がりました。
どまんなか野菜さんとしては、
「宿儺かぼちゃは、天ぷらや素揚げが一番!」だとか。ほか、
「煮るなら○○かぼちゃ、サラダは○○・・・・」ということです。
さすが、今回7種類くらいかぼちゃを販売しているだけあって、
それぞれの魅力を研究されていますね。

来月もいろんなかぼちゃが並ぶかも。こうご期待!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめいち130811

非常に暑かった先日のまめいち。

そういえば、昨年は8月はお休みでしたね。
休んだほうが良かったのか!?なんて思いが頭をよぎるくらいの暑さで
人間にも商品にも、厳しい環境でしたが、
冷たい美味に支えられ、無事に、楽しく終了しました。

ジャムの季節屋さんより、氷にジャムをのせたクラッシュアイス。
レモンジャムと梅ジャム、二つのさっぱり味を選べました。
Photo

どまんなか野菜さんから、かぼちゃ色々。
Photo_2 Photo_3
文字通り、黄色、オレンジ、緑と色が多彩で形も様々。
スープ向き、しっとり系、ほっくり系など、味わいも違うので
自分好みのを選ぶのが楽しかったです。

体験企画はお借りした「ソーラーフードドライヤー」を使って干し野菜作り。
Photo_4

青じそは2時間でパリパリに、ミニトマトはスライスしたら
半日でかなり水分が飛びました。あと1日くらい干すといわゆるドライトマトになります。
Simg_1602

太陽のエネルギーって素晴らしい!

けど、やっぱり暑いのは厳しかったです。
差し入れのスイカが無かったら、やりとげなかったかも。
来場してくださった皆様、勇気を出して(!?)お出でくださり、ありがとうございました。

来月は9月8日(日)に開催します。
ちょっとは涼しくなっているといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめいち130714

すでに約1週間経ってしまいましたが、先日のまめいちのご報告。

うだるような暑さを予想していましたが、
強い日差しとは対照的に、さわやかな風が吹いてくれたので
比較的過ごしやすく、ありがたい日でした。

「あまりに暑かったら、太陽光パネルで発電した電気で
扇風機を回しちゃおう!」
などと予定もしていましたが、
扇風機なんて出る幕もなく、自然の風の偉大さを実感しました。

出店者も暑さを想定して、一工夫。
enさんは、フローズンヨーグルト。
ブルーベリーたっぷりで目にもうれしい。
Photo

manospunさんからは冷たい飲み物とスイーツ。
この器は、古橋治人さんの作品。削って作る表情がお菓子にお似合いですね。
Photo_2

なつめやさんはかわいい帽子など!
Photo_3 Photo_7


季節屋さんはジャムのほか、枇杷のコンポート。
冷やして食べたらおいしそうですよね。
Photo_4

どまんなか野菜さんは夏野菜あれこれ。
Photo_5

でもやっぱり日差しの下は暑いので、
来月は夕方の開催にしようか、なんて話が出ています。
詳細は後ほど。
夕方らしい企画、考えようかな。
Photo_6

続きを読む "まめいち130714"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめいち130609

梅雨とは思えない強い日差しの中、
無事に今月もまめいちを終えました。

まずは初出店の「どまんなか野菜」さん。
Simg_1058
レタス、かぶ、大根、新ジャガ、新玉ねぎ、長ネギ
葉付人参ににんにく、ミント、バジルの苗まで、
多品目がずらりと並びました。
乾燥も兼ねたにんにくの吊り下げ方も素敵。
Simg_1068
お話も面白くって、これからにも、お野菜にも毎月会えるのが楽しみです。

なつめやさんの商品の一部・ブックカバー
Simg_1100
他にも、ポシェットなどかわいいのがいろいろ。

enさんは、クッキーとマフィン。
Simg_1063_2

manospunさんのルバーブと梅のタルト。
甘酸っぱくて初夏のようなこの日にはぴったり!
Simg_1102_2


日差しが強かったので、日陰にお客さんもお店の人々も集まって一休み。
Simg_1080

大人が買い物とおしゃべりに興じている間、
じっとしていられない子供達には、ダンボールとクレヨンを。そしたら・・・
Simg_1090
電車ごっこが始まり、私も後で乗せてもらいました。

娘さんと、つかの間のデートを楽しむパパさんも。
Simg_1094

今月も、たくさんおしゃべりして、たくさん笑った時間となりました。

なお、体験企画の梅酒作りは、翌日に延期しました。

次回は7月14日(日)です。
体験企画は何にしようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめいち130512

久しぶりにまめいちのご報告を。

今月は都合の合わない出店が多くて
ちょっと寂しくなるかも、と心配していましたが、
新たなお店「なつめや」さんが加わったおかげで
小さなお客さんがたくさんいらっしゃって、にぎやかになりました。
Simg_0910
↑ウッドデッキで昼食をとる皆さん。
外で食べると気持ちいい!って笑顔が語ってますね。

なつめやさんはスタイのほかに、ブックカバーも販売され、
お客さんの要望を聞きながら「来月はどんなものを作ろうかしら~」と意欲満々!
今後も楽しみですね。
Simg_0899

季節屋さんのジャムは、いちご&薔薇や、ココナッツ、夏みかんなど。
Simg_0895


体験企画の「お茶を作ろう!」は、なかなか難しかったです。
まずは、お茶摘み。
高級茶に倣って「一芯二葉」だけ摘み取りました。
Simg_0904

厚手のフライパンで空煎りし、手でもみ、空煎りして手でもみ・・・を繰り返し
出来上がったのがこれ。
Simg_0909

加熱の加減が難しく、一部はカラカラ、一部はしっとり、
均一にならないので、きれいに「より」をかけることができません。
一般的な煎茶と比べても、粉っぽい仕上がりですよね。

実際、お湯を注いで味わってみても、
色や香りがあまりでなく手もみの力加減がイマイチだったことが推測されます。

そういえば、煎茶は他のお茶と違い、手で揉んで葉に傷をつけることで
比較的低温のお湯でも成分が抽出する。
その「低温で抽出させること」が紅茶や烏龍茶との違いで、
苦味が出すぎず、うまみや甘みを味わうことができるのだ
と、とある本に書かれていたことを
お茶を飲んだ瞬間に思い出しました。

頭に詰め込んでいても、忘れているものです。

でも、4煎くらいまで、ほのかな甘みと優しいお茶の香りが味わえて
これはこれで、新茶の醍醐味だと思えました。
2番摘み、3番摘みの時には、もうちょっと上手に揉めるようになりたいです。

なんて、悪戦苦闘していたら、来場されたある女性が
幼いころのお茶摘みの記憶を語ってくださいました。

かすみがうら市(旧出島)の出身の方で
小学生くらいのころ、お茶の時期になると
近所のお宅での、自家用のお茶摘み作業をお手伝いされていたとか。
つくば近隣では、今でもお茶の木を見かけることがありますが、
皆さん、お茶を自給されていたのでしょうね。

お茶の木は、冬、乾燥する茨城の地において
畑の防砂にも役立っていたという話も聞きます。
今は、どれだけ活用されているのでしょう。
また、自家用は、どんな道具で、どんな風に作っていたのか。
ご存知の方に、いつかご教授いただきたいものです。

その女性が語られた話で心に残ったのがもうひとつ。

「あの時にいただいた、小麦粉だけの素朴なドーナツがたまらなくおいしくてね」

きっとその方は、お茶摘みの便り聞くたびに
ドーナツを食べた時の幸せな気持ちを思い出していらっしゃるのでしょう。

小さな子供達にとって、おいしいお菓子はうれしいものです。
それが、自分達でできるお手伝いをした結果であれば、なおのこと
誇らしさに心が躍り、ちょっと偉くなった気分でドーナツをほおばったことでしょう。

お手伝いはつらい事もあるけれど
小さな大人として認められる大切な経験。
まめいちで、そんな体験もしてもらえたら・・・と、
今後の企画にちょっと「欲」が出てきたりして。

いつも以上にこじんまりした「まめいち」でしたが
今回もいろいろ学びました。

次回は6月9日(日)。
体験企画は「梅酒、梅味噌などを作る」の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめいち130113

年が明けて初めてのまめいち。
久しぶりに気温が10度を上回り、
ポカポカ気持ちが良かったでした。

陽気のおかげか、来てくださった方々の会話もはずみ
皆さん、ゆっくり過ごしてくださったようです。

1ヶ月ぶりに、思いつくまま撮った写真でご報告を。

Simg_9648 Simg_9653
ずっしり重く充実したキャベツとサツマイモ?と見間違えそうな赤大根。
どちらも冬の寒さにあたって、味わいが増している頃。

Simg_9676
自家製ゆずジャムの入ったマフィン。
季節の香りですねぇ。

Simg_9659

リッチな栗のケーキ。
アーモンドもたっぷり入っているのに
天然酵母で発酵させているせいか、ふっくらなのに重すぎませんでした。
絶妙なバランス。

Simg_9645
野菜たっぷり弁当、今回のメインは
れんこん入りの肉団子またはわかめ入り卵焼き。
冬に食べてもらいたい、「黒」の海藻がいろいろ入っています。

Simg_9687
今回も燻製、やりました。
子どももパクパク食べてくれるのがうれしいです。

Simg_9689
買い物がひと段落すると
お客さん同士で会話がうまれてきます。
これが何ともうれしいものです。

Simg_9661
会場の端っこで皆を見守るお犬様。
とってもお利巧さんなアイドルです。

今日もたっぷりおしゃべりしました。

お日様を浴びて、体も心もカラッと干しあがり
いい風が流れてきそうです。

来月は2月10日(日)
また3連休の中日ですが、いつもの通り開催する予定です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめいち 新しい仲間も!

次の日曜日は自宅前でまめいちを開催します。

今回は新しく「Pain noix」というパン屋さんも登場します。
こちらのパンは、ホシノ天然酵母と国産小麦を使っていて、
噛み締めるほどに味わいが広がります。

私は何度か口にしたことがありますが
特に生地のキメが細やかなのが印象的でした。
天然酵母パンはいろいろなタイプがありますが、
ここまで細やかなのは、あまり出会ったことがありません。
(まぁ私のパン経験は大したことがありませんが・・・)

作るのがとても繊細な感じの方なので、人柄が表れているという感じかな。

ほか、出店してくださるのは、いつもの
・和知農園
 ・・・化学農薬・化学肥料を使わずに育てられた人参、
   大根、里芋、寒くなり旨みを増してきた葉物など。
・manospun
 ・・・季節の焼き菓子をあたたかな飲み物と。お土産用のハーブティーもあります。
・en
 ・・・季節のマフィン、ドライフルーツやナッツがぎっしりのクッキーなど。
・荒木さん
 ・・・お米マイスターが毎月、違った産地と品種を選んで作るおにぎり
   今回は温かなお味噌汁も!?

どうぞお楽しみに。
以下、先月の様子です。
S 
食べ方、育て方、いろいろ話が弾みます。

S_2 
生の「火」って、子どもも大人もワクワクします。なぜでしょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめいち121111

毎月第2日曜日開催のまめいち、
曇天の下でしたが、風もなく穏やかに開催しました。

秋の味覚がずらり。
Photo 
さつまいもだけでもアレコレ。それぞれの味わいを教えてもらいつつのお買い物。

Photo_2
おにぎりの荒木さんは体のあったまる豚汁も。
お米も豚肉も宮城産、というのがユニーク。

Photo_3
柑橘の香りがさやわか、でもリッチな味わいのタルト。

Photo_4
寒くなかったので、買い物の合間にちょっと休憩もしてもらえました。
などなど。

今回の体験企画は、玉ねぎの皮を使った草木染。
シルクのマフラーと綿のシャツを一緒に染めたところ・・・
●染める前
Photo_5

●玉ねぎの皮エキスで煮た後
Photo_6

●媒染液で処理後①
Photo_7

●媒染液で処理後②→終了
色の濃いのがシルクのマフラー。
たんぱく質の多いほうが色づきが良いそうです。
Photo_8

同じ液で染めたのに、素材によって
全く異なる色に仕上がるのが面白かったでした。
現在、染めた後のものを干している最中。
乾いた後にも色が変わるだろうなぁ・・・、と楽しみです。

また、染色には大きな鍋が必要だったので
屋外で火をたきながら。端の方で焼き芋も作りつつ楽しみました。
子どもも大人も、火を囲むのはそれだけでもワクワクするものです。
Photo_9


来月も燻製づくり用に火を囲む予定。

燻製を食べたい方、火遊び(安全に!)をしたい方、
ぜひお立ち寄りくださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめいち9月

「ねーねー、今日はまめいちなんだよ」
Photo_5
と話していたかどうかは知りませんが、
今日ものんびり開催しました。


スーパーでは見かけない、ちょっと珍しい野菜も並び
料理法などの話題に花が咲いてます。
Photo_2
1ヶ月ごとに野菜の顔ぶれがガラリと変わるので、来月はどうなるかな~
里芋とか?

お米ソムリエが作る、高知の新米を使ったお稲荷さん登場(写真なし・・・)
今年の高知の新米はかなり美味しいそうです!
関東では他産地の新米が出回る前の
短い期間しか出回らず、あとは地元で消費されるだけだとか。
興味のある方はお早めに。

体験企画は「ぬか漬」。
Photo_3
5月から始めた2件のぬか漬とぬか床を並べ
食べ比べたり、香りを嗅ぎ比べたり・・・
一方は常温保存、もう一方は冷蔵庫保存なので
かなり味が違って、面白い比較になりました。

そして。
片付けますか、と動き出したときに見つけた、
小さなお客様が、お店の黒板に残していった絵。
Photo_4
どうやら小さなお客様も、大人のおしゃべりの合間に
しっかり楽しんでいただいたようで。
良かった良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月10日はまめいちでもあります!

つくいちのお知らせをした後で
舌の根も乾かぬうちに・・・と言われそうですが
6月10日はまめいちでもあります。

6

(本当はつくいちにも参加したく
後ろ髪をぐいぐい引かれる気分・・・。
でも先にこちらを企画していたのでガマン。)

緑の濃い季節になって、
特に、農家さんブースの彩りが豊かになるのが楽しみです。

また、毎回変わる体験企画、
今回は先日のブログでもご紹介した
梅酒・梅シロップ・梅味噌作り。

今まで作ってきた梅酒あれこれ
(ベースが焼酎、ジン、ウイスキーなど各種)と
生野菜につけて食べるともりもりいけちゃう
梅味噌の試食もご用意する予定です。

こちらもどうぞお楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧